『ANIME ART』を確立させることが私の目的です。では国外で『anime art』というハッシュタグがよく使用されるけどそのことですか?

吹き出し用
いえいえ!その「anime art」ではなく『ANIME ART』という分野を確立させたいのです!

アニメ(アニメーション)はコマ撮りなどによって、複数の静止画像により動きを作る技術のことを差します。

では『anime art』はといいますと、、、
日本国外のアニメファンの方々が描いた「アニメ、漫画に登場するキャラクターを用いて描いた作品」もしくは「アニメ、漫画で描かれるようなタッチで描く作品」のことをさすように感じます。

定義づけされているわけではありませんし、日本国内では『anime art』という分野があるわけではないのではっきりと言い切れるわけではありません。あくまで私の見解となります。
SNSや画像投稿サイトなどで使用されいる『#anime art』というタグのついた作品を見ると日本国外でそのような分野が確立してきていると思います。

ですが、『anime art』といいながらも作品自体は「ART」ではないと感じます。
それは、その投稿された作品のほとんどに作家自身があまり反映されていないように感じるからです。そもそもの「ART」の定義とても難しく、人によって考え方や捉え方が違います。
ですので、これはあくまで私がおもう「ART作品とはどのようなものなのか」ということになりますが、、、

「ART作品は作家自身であり、作家そのものである」
と私はおもっております。

、、、んんっ!!!漠然としていてわかりにくいですよね。すいません、、、笑

つまり、ART作品には「作家の経験」、「作家の思想」、「作家の願望」など、作家の内なるものがつめこまれているものだとおもうのです。

作家自身の人間性が大きければ作品自体のスケールが大きくなります。(実物の大きではなく、内容や作品の持つ力の大きさのことです)

そして力の大きな作品はその前に立っただけで作家とその作品の魅力に惹きつけられてしまいます。
そこに作家がいなかったとしても、作家の虜になってしまいます。

そのぐらい作品そのものがとても力強いエネルギーをもっています。
それは、作品のなかには作家のそれまでの人生が詰め込まれているからだとおもいます。

それを踏まえて考えた場合、現段階での『anime art』は、、、
どちらかというとイラストレーションに近いと感じております。
「なにか元になる作品や思想があって、それをそのまま使用して絵を描いている」というイメージです。
私のなかではこれは「ART」ではないように感じています。

「ART」という分野は日本のなかでは敷居が高いと言いますが、、、あまり広まっていないといいますか、、、ちょっと入りにくい世界だとも感じてもおります。笑

それにはいろいろな理由があると考えているのですが、、、
一番の理由は「子供の頃から質の高いART作品に触れる機会がないこと」そして「ARTの教養を身につける機会がないこと」ではないかとおもっております。

良い作品に触れなればARTの面白さなんて絶対にわかりません。
教科書や美術書を見たって何もわかりません。
だってその作品のもつエネルギーは現物にしかないから。

他にもいろいろ理由はありますが、日本国内でARTのポジションは需要と供給のの関係で言うと日本国外に比べて全然需要がないように感じられます。笑

その一方で、日本には「アニメ」、「漫画」という素晴らしい文化があります!!
これは芸術作品だと誇れるものだと私はおもっています。
そこにはクリエイターたちの「魂」が入り込んでいるから。

そしてこの分野は現代の日本人のほとんとが小さい頃から触れている分野でもあります。
だからこそ、この分野が好きな人がたくさんて、のめり込むファンたちもたくさんいて、そのファンのためにもっと良い作品を作ろうとするクリエイターたちがいて。
素晴らしい循環ができていますよね!!

私は、この日本の文化をとても誇らしく思っております。
そして私自身が「アニメ」、「漫画」が大好きです!❤️

ですから、無理して堅苦しい気持ちで「ART」の教養を!!なんておもわなくていいとおもっています。
また、日本国外の「ART」作品の真似をする必要もないですし、もっと言うならば「ART」の存在やあり方も国外と同じ形である必要は全くないとおもっています。
日本には日本の文化があり、それが強みであり、誇れれるものなのですものねっ♫
(現在では日本の「ART」と言われる浮世絵は当時ではイラストレーションのポジションでしたらから)

ですが、やはり「ART」と言うからには芸術としての役割をしてほしぃ!!
「ART」していない『anime art』ではなく、作家の魂のこもった『ANIME ART』というアート分野を確立させたいです。

作家の全てを注ぎ込んだ作品を作りだし、それを国内と国外のどちらの人にも楽しんでいただきたいです。
「アニメ、漫画風のタッチ」で「ART」を楽しんでいただきたいです!!!

※こんなところでいきなりお詫び※
今までコンセプトや思想がいろいろと右往左往してしまい、見てくださっている方は困惑されてしまったかもしれません。
大変申し訳ごいざいません、、、

面白いとおもったものにはとことん突き進むタイプで、新しいアイディアが浮かぶとすぐに実行したくなるタイプなのです。
ですが、これだと皆さんにとっての私というアーティストの基盤が伝わらないなとおもいまして、、、ぐずっ。

自分と向き合い、「本当にやりたいことはなんなのか」ということを問いただした結果はこれでした。
、、、ずっっと昔からアニメタッチの女の子ばっかり描いていたので結局のところ、軸は全くかわっていないのですが。笑

ただ、作品のテーマはきっと今後も変わってゆくとおもいます。
(あっ、でもでも!!アニメタッチの女の子を描くことは永遠に変わらないとは誓います!!)
何故ならば、そのときの思想やそのときにあった出来事が作品に反映されるからです。
作品は作家の人生そのものですので、テーマは変わるものだとおもっています。

ただ、それだからこそ「ART」は面白いのです。
作家の成長=作品の成長
作家の停滞=作品の停滞
となるので、観ている人は作品を通して作家の人生を感じることができるのです。

私は飽き性なので、すぐにテーマがコロコロとかわるかとおもいますが、、、
逆に皆さんを飽きさせることは絶対にしたくないとおもっています。

私がは死ぬまで皆さんを飽きさせることなく面白い人生を送ってゆくつもりです。
そしてそれを作品に落とし込んでゆきます!!
ですから皆さん、私とその作品で思う存分楽しんでください!

私は『ANIME ART』を確立させて「ART」に興味がなかった人たちにも「ART」の面白さを伝えたいです。
私の作品がきっかけで「ARTが好きになった」と言ってくれる人を増やしたい。その気持ちでいっぱいです。
その努力は惜しみません、人生をかけてやりたいとおもっています。

ですからみなさんはただ観ていてください!!
みなんさんに喜びと、笑顔と、そして時に呆れさせることまでお約束しますカラネッ!!

BY Sachi(2019年9月26日、誓いの言葉を今ここに。、、、え?何を誓ったのかって???、、、えっと、、、「Philosophy」を変えません!!!笑)

SachiのオフィシャルLINE

LINEでお得な特典もらっちゃおう!!

LINE Official Occount

 

Sachiのオフィシャルshop

Sachiのオフィシャルshopでグッズを購入!!

Shop

 

画像投稿サイトにて作品を掲載中!!

Sachiの作品は他画像サイトにも掲載しております☆
ご利用になられている方はぜひぜひフォローしてあげてくださぃねっ!!

pixiv↓


https://www.pixiv.net/member.php?id=32751810