セザンヌは知覚で世界の全てを知りたかったのだろう-日本語版

【Cezanne's Perception】セザンヌは知覚で世界の全てを知りたかったのだろう。

セザンヌは知覚で世界の全てを知りたかったのだろう

彼は印象派というアート界の流行から離脱した。
それは、彼が求める真理は印象派だけを追い求めても見つからないと判断したからであろう。

彼は自然の真理を知覚で捉えたかった。そして表現したかった。
形という視覚で捉えることのできる情報、熱という視覚で捉えきれない情報。
それらは複雑に絡み合っているため理解するのが非常に難解だ。

状態の変化を捉える

熱は状態変化であり、時間に関連している。
つまり、時間が進むと対象物の状態が変化する。
それは常におこっている現象であり、絵画という2次元の世界にアウトプットすることは非常に難しい。
それに挑戦したのが印象派だと私は思う。
光で熱を表現した。

視覚的な美

それとは別に、普遍的な「美」というものは必ずある。
それは絶対的な自然の法則に基づいている。(宇宙の法則)
魔法のように鮮やかに変化し続ける空の色。
木々の間を白と黒のコントラストで形作る太陽の光。
見えそうで見えない、夢のような深い海の底。

自然界は法則に従って多くのものが形成される。
その秩序に人は何故か感動する。
そのようにできている。
人間はそう在るように最初からプログミングされている。
そして、それが「ありのままの姿」だとおもう。

セザンヌという人間

セザンヌは世界の全てを知覚で認識しようとした。
そして表現しようとした、伝えたいとおもった。

私は彼のその姿にとても共感する。
だから彼の絵の中に入り込んでしまうのだろう。

私がセザンヌを好きになったきっかけとなった作品

【Cezanne's Perception】セザンヌは知覚で世界の全てを知りたかったのだろう。ぱっと見たら風景画。
ぱっと見なくても風景画。笑
この風景画の中に彼の世界への理解と解釈が表現されている。
もしくは研究結果、というべきだろうか。
現物と目の前にするとわかるのだが、、、
この作品を前にすると風を感じることができるのだ。

ポール・セザンヌ
川のそばのカントリーハウス
1890年頃
油彩/カンヴァス
81.0×65.0cm
イスラエル博物館蔵

【Add a line and get a 10% off coupon】
Sachi@LINE!初回ご登録特典で10%OFFクーポンプレゼント↓
Sachi@LINEに登録して10%OFFクーポンを手に入れよう!

 

【Sachi’s NFT and analog painting set online sales】
Sachiのアナログ作品&NFTセットがオンラインでご購入いただけるプラットフォーム↓Sachiのアナログ作品とNFTセットをオンラインで購入!

 

【Sachi’s pixiv account】
Sachiのpixivアカウント↓

Sachiのpixivアカウントもよろしくねっ!!