Philosophy

A philosopher should not speak about things he does not understand.
Musicians should not perform in public without knowing music theory
An artist should not create a world he cannot see.

Because they are stepping into a realm that humans cannot perceive, gaining wisdom, and taking on the role of being a force in the world through their expression.
When information or knowledge that has not been elevated to the level of wisdom is expressed, it causes confusion on the part of the receiver.
The chaos threatens to disrupt the social order and pull the world away from its true nature.

The expressive person must understand his or her responsibilities and act accordingly.
It is important for the expressive person to use his or her own abilities to acquire wisdom that cannot be obtained by others.
And their role is to embody that wisdom to become a force for good in the world.
They should never forget that principle. 


哲学者は自身が理解していない物事については語ってはいけない。
音楽家は音楽理論を知らずに人前で演奏してはならない
芸術家は見えていない世界を創造してはならない。

何故ならば、彼らは人間が知覚することができない領域に踏み込み、知恵を得て、表現によって世の中の力となる役割を担っているからだ。
彼らが知恵と昇華していない情報や知識を表現した場合、受け手側に混乱を招く可能性が大いにある。
その混乱は社会の秩序を乱し、世界を本質から遠ざけてしまう恐れがある。

表現者は自身の責任を理解して行動しなくてはならない。
表現者は自身の能力を使って他者では手に入れることのできない知恵を獲得することが重要だ。
そして、その知恵を世界の力となるために具現化させることが役割だ。
彼らはその道理を決して忘れてはならない。

Past Philosophy

「Sachi art project」旧Philosophy(2020〜2021)