Philosophy

Sachiが水彩アナログで描く天使のイラスト『落ちゆく光に惑わされる少女』

Philosophy(English)

I want to be the angels, demons, fairies and spirits that exist in many stories.
They have no body container, so they can move very freely.
What a wonderful thing it is!

Forge invisible energy to create new shapes.
That is called magic.
I want to be able to use magic.
I want to vibrate people’s emotions with that magic.
For me, art is a tool for using magic.
It is the same as the existence of a wand for a witch.

I will continue to austere training using paintings to use magic throughout my life.
And I want to energize people’s hearts with the magic I have learned.

Philosophy(日本語)

私は人ではない存在になりたい。
天使、悪魔、精霊、妖精。
数多くのファンタジーな物語で語られる存在。
体という容れ物に囚われることなく自由に想うがままに動きまわる。
それはなんて素敵なことだろう。

現実世界の目に見ないエネルギーを自分の中で錬成して新たなエネルギーへと変貌させる。
それは俗に言う『魔法』というものだろう。
私は魔法を使えるようになりたい。
その魔法で人々の感情に動きを与えたて揺さぶりたい。
私のとっての絵画は魔法を使うための道具である。
いわば『魔法使い』にとっての『杖』のような存在だろう。

私は生涯をかけて絵画を使って大きな魔法を使えるように学び修行し続ける。
そして、習得した魔法で人々の心にエネルギーを与えたいのだ。

sachiのアナログ画『私の愛する子』

旧Philosophy(2019〜2020)

2019〜2020までのPhilosophyはコチラの記事にてご覧いただけます↓